2014年08月28日

ギャザリング近畿大会 in 奈良

8月も最後の週となりました。すでに、新学期が始まっているところもあるとか。
さて、そんな夏の終わり間近の先週末、国立曽爾青少年自然の家において、ガールスカウトギャザリング近畿地区大会が開催されました。
20140823_01.JPG


今回の近畿地区大会は、私たちが所属する奈良県連盟が担当。3月の全国大会に参加したスカウトを中心とした実行委員のメンバーと教育活動委員の若いリーダーたちが準備をしてきました。

テーマは、
girls worldwide say "一緒にならこの世界を変えられる"
 "一緒になら子どもたちの命を救える"
でした。
全国大会で決めた近畿地区の行動計画をより深めていくために、このテーマが選ばれました。
ちなみに、全国大会で近畿地区が考えたのは、手を洗うことで感染症を防ごうという「HAPPY☆手あらい運動」と日本では当たり前の生活環境がない中で暮らしている子どもたちのことを考える「近畿体験キャンプ」の2つでした。

各府県連盟へ持ち帰り、実践。府県大会を経て、それぞれの取り組みについて報告。そして、パトロールごとに分科会にて良いところや問題点・改善点などを話し合い、これからの取り組みの計画書を作成、発表しました。

各パトロールには、分科会や生活面のフォローするサポートリーダーが付いてくださいました。このサポートリーダーの皆さんのお力添えもあって、どのパトロールもしっかりとした計画を発表することができていました。

また、兵庫県のスカウトから「広島の土砂災害の被災地への募金をしたい」という声があがりました。そして、彼女たちが用意した募金箱へ参加したスカウト・リーダーたちが協力するという姿もありました。

全国大会での行動計画が第1次計画案、各府県大会での取り組みが第2次計画案、そして今回考えたものが第3次計画案。全国大会から約5か月の間に、スカウトたちが、考えて、悩んで、実行して、ふりかえってできた計画案は、確実に進化していたと思います。
また、若い2人のリーダーの指導の下、実行委員のスカウトたちもとても頑張って務めを果たしてくれていました。

内容の詳細はここでは触れませんが、リーダーをはじめとした指導者の皆さん、参加スカウトの報告を楽しみにしてくださいね。そして、この計画を必ず実行できるようサポートをお願いします。

では、当日の様子をもう少し。

分科会の様子
20140823_02.JPG


夕べのつどい。この日は、私たちと大阪のボーイスカウトのみでした。
20140823_03.JPG


朝のつどい。今日も一日頑張ろう!
20140823_04.JPG


計画書の書き方を勉強中。
20140823_05.JPG


デコパージュ石けんを作ったスカウトも。
20140823_06.JPG


計画を実行するぞ!という気持ちのこめて全員で記念撮影。
20140823_07.JPG


最後は、やっぱり友情の輪ですね。
20140823_08.JPG


(え)&(は)
posted by Nara Trainers at 23:42| 奈良 ☁| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

県連キャンプ

残暑お見舞い申し上げます。

各地に大きな被害をもたらした台風11号ですが、皆さまのところは大丈夫でしたか?なかなか警報が出にくい奈良盆地ですが、さすがに今回は出てましたね。

そうそうみなさん!遅ればせながら・・夏休み早々に実施された連盟キャンプ!お疲れさまでした。
7/19〜21の2泊3日の日程で、榛原子どものもり公園で実施した今回のキャンプは『連盟キャンプ』と銘打っていたものの、諸事情により全地区参加とはなりませんでした。とはいえ、昨年同様地区での企画・準備あり、2日目の連盟主催の企画あり、シニア・レンジャーは地区を超えた合同キャンプありの盛りだくさんのキャンプとなりました。

また、シニア・レンジャーキャンプでは、3月に東京で実施されたギャザリング全国大会で決められた近畿地区のアクションプランを実施する場として、さらに、シニアについては戸隠で3年ぶりに行われたシニア全国キャンプの事前研修をも兼ねるというキャンプでもありました。

2日目の連盟主催の企画は『OneDayチャレンジ!』という子ども夢基金の助成事業として一般の子どもたちへも参加者を募ったオープンプログラムでした。理事会や各委員などから集まった実行委員メンバーを中心として、子どもたちに夏休みの一日を満喫して欲しいという思いをこめ、趣向を凝らした様々なプログラムを企画しました!途中、激しい雷雨に見舞われたものの、楽しく過ごしていただけたのではないでしょうか。

シニア・レンジャーキャンプ実行委員のヤングリーダーたちが、『県連キャンプというみんなが集まる機会で何かしたい!一つになるような何かを!」と考え、日本で知名度が上がってきている「HAPPY」という曲のリズムにのって笑顔でダンスしている姿を撮影することにしました。決まった振り付けを覚えて踊るより、誰でもその場で簡単に参加できるということもこの曲を選んだ理由です。そして、世界中にいる姉妹であるGG、GSたちにも見て楽しんでもらえるのです。

当日のロケでは、なかなかダンスまでに至らず、苦労したそうです。途中から「手をふって〜!」に変えて、たくさんの笑顔を集めてくださいました。その撮影スタッフには、シニアスカウトも関わりました。素人とは思えないすばらしい出来上がりに感動です!みなさん、ご覧になっていただきましたか?もし、まだなら、是非コチラを見てくださいませ!輝いている彼女たちの笑顔がたくさん詰まっていますよ!

今回私たちトレイナーチームは「アドバイザー」として参加したのですが、3日間を通じて、県連の強みや弱味を知り、また、これからの成人トレイニングの課題も見つけることができました。今後の研修会などの企画に活かしていきたいと思います。

では、県連キャンプの中からいくつかのシーンをご紹介・・。

ロープ結びにチャレンジ中・・・
20140813_02.jpg


レンジャー作の竹テーブル。さすがです!しっかりとした出来上がり♪
20140813_03.jpg


さて、これは何の星座でしょう?
20140813_04.jpg


OneDayチャレンジのプログラムの一つ、みんなで作ったモザイクアート。
20140813_01.jpg


(え)
posted by Nara Trainers at 23:08| 奈良 ☁| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

ガールスカウト、安倍首相と面会

10月11日は国際ガールズデー。そして今年は2回目を迎えます。
世界連盟のテーマは「Girls in the Lead」として、少女がリーダーシップをとる場面を増やすようにとメッセージを出しています。そんな中、ガールスカウトの代表5名が、安倍首相にお会いしました。

安倍首相.jpg

安倍首相には、レンジャー(高校生)とリーダー(大学生)たちが作成した、【Girls in the Lead 「少女たちが創る、日本の未来」への宣言】を伝えました。

【Girls in the Lead 「少女たちが創る、日本の未来」への宣言】
1 私たちガールスカウトは、女性が活躍できる日本社会の実現に向けて、ともに取り組みます。
2 私たちは、国際的な視野をそなえた、女性リーダーになります。
3 私たちは、可能性をいかし、皆で自信を持って行動し、なりたい自分になります。

「女性の力の活用」を重視している安倍首相に、「私たちもすべての少女に対して、チャレンジする姿を見せ、勇気づけていきますので、首相も、私たち少女が女性になるまでに、私たちのポテンシャルを生かせる社会を作ってください。」とお話しました。首相からは、「みなさんの言っていることは政府の方針と同じ。」と言っていただき、一緒によりよい社会をつくっていける、と感じました。その後、ガールスカウト活動について紹介し、女性だけで活動する意義についてもお話しましたよ。

ニュースはこちら。

今回面会した5名は日本のスカウトの代表。小さいころからの、キャンプ、ギャザリングや国際交流などの活動をもとに、この日の準備をしました。日頃からの活動の積み重ねが、首相を前にきちんと意見を言えるスカウトと育てているのですね。さて、次は誰の番?

posted by Nara Trainers at 08:44| 奈良 ☀| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

研修会のお知らせ

いよいよ今週末、40周年記念連盟キャンプですね!今回は連盟主催キャンプではありますが、プログラム等の企画・実施は各地区が行うという初めての試みです。私たちトレイナーもそれぞれの団が属する地区に入って楽しみたいと思っています。そのためには、なんといっても体が資本。当日に向けて体調管理をしっかりとしておかねば・・。

さて、先日(7/6)の団委員長会議にて、第4回指導者者研修会の要項およびチラシが配布されたのですが、皆さんご覧になりましたか?今回の研修は、今年5月に行われたWAGGGS Stop the Violence Campaign training in Rwandaの参加者のお二人による報告会とSTVに関する研修会の合わせ技という内容です。そして、大阪府連盟との共催ということで、会場は大阪です。

ガールスカウトは、「少女と若い女性の可能性を最大限に伸ばし、責任ある世界市民となれるよう」に様々な活動をしています。その一つである「少女に対する暴力をなくす」キャンペーン、これがSTV(Stop The Violence)です。研修会では、少女が作る暴力のない世界を推進していくガールスカウトの大人が担う『少女を守る団体としての責任』についても取り上げます。この機会に、キャンペーンについての理解だけでなく、大人である私たちがどう行動すべきかということも一緒に考えてみませんか?

0831_flyer.jpg
posted by Nara Trainers at 23:49| 奈良 ☁| Comment(1) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

第11回アジア太平洋地域会議

6月29日(土)〜7月6日(土)、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターにて「ガールガイド・ガールスカウト世界連盟第11回アジア太平洋地域会議」が開催されました。日本で、ガールスカウトの国際会議が開かれるのは、なんと47年ぶりとのこと。そこで、日本のガールスカウトみんなで歓迎し、盛り上げましょう!ということで、いろいろな形で参加ができるように、日本連盟からも発信がありましたね。

どんな参加ができたかというと・・・開会式で合唱や旗手を務めた「会場おもてなし隊」、クラフトやカードやキャンディレイを作って贈る「ローカルおもてなし隊」、期間中会場でおもてなしをする「成人ボランティア」、連盟によってはホームステイの受け入れもありました。これを読んで下さっている皆さんの中にも、参加された方がいらっしゃると思います。参加の形は違っても、日本の「おもてなし」の心で会議の参加者が笑顔で過ごしていただけるように、という思いは同じだったのではないでしょうか。

そして、この会議の開催のキャンペーンバッジとしてアジア太平洋地域会議バッジも用意されています。おもてなし隊として参加した人も、そうでない人も取り組みできるようになっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

会議の様子は、日本連盟のtwitterfacebookで、また、WAGGGSのページにアップされています。

実は、私もボランティアとして参加してきたので、ちょっぴり様子をご紹介します。

おもてなし隊からのクラフトたち。
AP_01.JPG

同じく、モーニングカード。カードは、ボランティアスタッフが早朝に各部屋へ配りました。
AP_02.JPG


インターナショナルバザールの様子。各国のブースで、それぞれの国の衣装を身につけた参加者が様々なものを販売。
AP_03.JPG
AP_04.JPG

日本連盟のブースの様子。
AP_05.JPG


急遽企画されたボランティアスタッフによるソングパーティ。
AP_06.JPGAP_07.JPG
AP_08.JPGAP_11.JPG


ボランティアスタッフは、このポロシャツを着て動いていました。おそろいのポロシャツを着て一緒に過ごしたbeeたちは、とてもとても素晴らしい仲間たちでした。
AP_10.JPGAP_09.JPG


少しでも様子が伝わったでしょうか?

(は)
posted by Nara Trainers at 22:47| 奈良 ☀| Comment(2) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。