2015年10月19日

自然体験フェスタ in 国立曽爾青少年自然の家

今年も10月17日(土)〜18日(日)の2日間、国立曽爾青少年自然の家では『自然体験フェスタ』が開催され、ガールスカウト奈良県連盟は協力団体として参加しました。
20151018_01.JPG


フェスタ1日目のスタート直前まで雨が降っていたようですが、始まる頃には雨もあがり、天候は一気に回復。夜には、三日月(正確には月齢4.1日だったようなので四日月?!)と満天の星。
20151017_01.JPG

2日目の朝は、眼下には「雲海」
20151018_02.JPG

背後には亀山から顔を出した「朝日」
20151018_03.JPG

その光に照らされた「ススキ」
20151018_04.JPG

と、とってもラッキーな始まりでした。

さて、そんな中での今回の私たちの担当は【クラフト体験】コーナー。
天気の良い日だったので、外のプログラムが人気だろうしヒマかも〜という予想は大きく外れ、ありがたいことにたくさんの子どもたちや保護者の方たちに参加していただきました。
20151018_05.JPG

その出しもの(?)は・・
 ★曽爾の木を使ったクラフト
 ★風車
 ★デコパージュ石けん
 ★新聞紙のエコバッグ
でした。
ちなみに、デコパージュ石けんを作った人たちへは、手洗いの大切さを伝え、ユニセフの「世界手洗いの日」のパンフレットもお配りしました。

【クラフト作り】は、単なる「もの作り」という体験だけでなく、想像したり、お話したり、道具を使ったりと、たった一つの体験でも、たくさんのことを学ぶことができますよね。
個性あふれる作品の一部をどうぞご覧ください。
20151018_06.JPG


ところで、自然の家やその周辺に行くと【体験の風をおこそう】ということばをよく目にします。これは、国立青少年教育振興機構が推進している運動の名前です。その趣旨は「近年、社会が豊かで便利になる中で、子どもたちの自然体験、社会体験、生活体験などの体験が減少している状況を踏まえ、子どもたちの健やかな成長にとって体験がいかに重要であるかを広く家庭や社会に伝え、社会全体で体験活動を推進する機運を高める」というもの。私たちガールスカウトも同じことを伝えているなぁと思いませんか?
(体験の風をおこそう運動の詳細は、コチラをどうぞ)

そんなわけで、楽しい時間はあっという間に過ぎ、みんなが笑顔で帰っていく姿を見ることができて、とても嬉しく思った私たちでした。そして、青い空と太陽を受けてきらきらのススキに見送られながら、私たちも帰路につきました。
20151018_07.JPG

(え)&(は)

国立曽爾青少年自然の家の「そにっと便り」にも自然体験フェスタの様子が記載されています。(でも、残念ながら私たちのコーナーの写真はありません)
http://soni.niye.go.jp/light_topics/index.php
posted by Nara Trainers at 23:04| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

ジュニア5・6年生キャンプ (3日目〜最終日〜)

あっという間に、今日がジュニア5・6年生キャンプの3日目。最終日です。

今日のメインプログラムは、撤営です。
「来た時よりも美しく」感謝をこめて、3日間の住み家のテントや調理や食事をしたクッキングテントをたたみ、また、炊工具などもピカピカにして返却。
そして、無事点検が終わり、次々と運ばれてくる資材一式をチェックし片づけするスタッフの皆さん。
20150720_01.JPG

そして、仕分けられて各団への返却を待つ資材たち。
20150720_05.JPG


資材の返却が終わると、ユニフォームに着替えて、昼食です。
大きなプログラムを終え、スカウトもリーダーたちもホッとした様子。
20150720_02.JPG

今日のメニューはそうめん。昨日のポイントハイクの「青竹で作ろう」ポイントで作った器とお箸でいただきま〜す♪♪
20150720_06.JPG


最後は、閉所式。
3日間頑張ったので、みんな晴れやかです。
20150720_07.JPG


チャンスチャンスのごほうびも。
20150720_04.JPG

リーダーたちにとっても最後のプログラムですね。
20150720_03.JPG

お疲れさまでした!!

今回は、スカウトだけでなく、活動を支える指導者の皆さんの様子をほんのちょっぴりご紹介しました。本当は、もっともっといろいろなところで、尽力してくださっています。ご協力いただきありがとうございました。
3日間のキャンプを通して、スカウトも指導者の皆さんも、それぞれにたくさんの学び、気づきがあったと思います。楽しかったことも、辛かったこと・しんどかったことも、乗り越え、大きく成長できたのではないでしょうか。
実行委員の指導者の皆さま、3月の始動から今日まで、多忙な中ありがとうございました。

本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

(曉)&(亜)&(え) 
posted by Nara Trainers at 23:07| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

ジュニア5・6年生キャンプ (2日目)

ジュニア5・6年生キャンプ2日目です。

まず、サイトごとの朝のつどいでは、よく頑張ったパトロールが表彰されました。
20150719_07.jpg


そして、本日の活動開始です。
本日最初のプログラムは、ポイントハイクです。

リンゴの皮むき。どれだけ長くつなげてむけるかな〜♪
20150719_01.jpg


ロープクラフト。シートを使っていろいろな結び方をチェックしていきます。
20150719_02.jpg


旗について。旗手の作法や旗の扱いについて学びます。
20150719_18.JPG


青竹で作ろう。食事で使うお箸や竹串などを作っています。
20150719_17.JPG


そして、お楽しみのサモア。自分で作った竹串で。
20150719_15.JPG


そんなプログラムの裏では、リーダー・スタッフの皆さんの念入りな準備もかかせません。
20150719_09.jpg


ポイントハイク後は、夕食づくりです。
20150719_20.jpg

20150719_14.jpg


そして、夜はキャンプファイヤー。
20150719_22.jpg


今日もスカウトもリーダーもイキイキと頑張っていました。
残り1日、元気に過ごしましょう。

(亜)&(曉)
posted by Nara Trainers at 23:33| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

ジュニア5・6年生キャンプ (1日目)

のんびりした足取り(?)で四国・中国地方を縦断した台風11号。最接近後も引き続きかなりの雨量で、どうなることかと心配されたジュニア5・6年生キャンプが、本日予定どおり開催されました。

雨の後で地面の状態が良くないので、スカウトたちは長靴で活動開始。
開会式・パトロール作り、昼食の後、設営へ。
配給を受けて・・
20150718_01.JPG

20150718_02.JPG


テントが次々とたっていきます。
20150718_07.JPG


一方では・・台風の影響? 
かまど場がこんな状態になっていたので・・・
20150718_03.JPG

20150718_04.JPG


使えるようにリーダーたちが整備しました。
20150718_06.JPG

20150718_05.JPG


さて、テントの後はクッキングテントの設営です。
20150718_09.JPG

20150718_10.JPG


そして、設営が終わると、夕食づくりです。
20150718_11.JPG


湿気の多い場所でのカマドはなかなか大変です。
20150718_12.JPG


スカウトたちが頑張っているので、快適に過ごせるように蚊取り線香の準備をしています。
20150718_14.JPG


スカウトもリーダーも頑張っている姿はとってもカッコ良かったです。
以上、ジュニア5・6年生キャンプの1日目でした。


(え)
posted by Nara Trainers at 23:20| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

タイ派遣&STV研修報告会

昨年12月に実施されたレンジャースカウトのタイ派遣とヤングリーダーが参加したサンガムで開催されたSTVトレイニングセミナーについての報告会が行われました。

タイ派遣の報告では、現地のNGOであるミラー財団のご協力のもと行われたアカ族の子どもたちとの交流やワークボランティア、ダムロン高校での交流や授業体験、ホームステイでお世話になったホストファミリーとの時間などたくさんの写真とともに紹介してくれました。
20150307_01.JPG

スカウトたちのさまざまな感動が伝わってくる旅行記のような楽しい報告でした。また、彼女たちが作った報告書が各団にも配布されていますので、そちらも是非ご覧くださいね。

最後にそれぞれがこの派遣を通じて感じたことを話していたのですが、これもとても良かったです。普段の生活の中で自分自身では気づかなかった自分を発見できたり、物事に対する今までとは違った見方や考え方が出来るようになったり、日本から離れることであらためて日本のことを知ったり、と、彼女たちにとってとてもすばらしく貴重な時間を過ごすことができたのだと思いました。

そして、このプロジェクトのために、派遣期間中だけでなく事前の勉強会や準備から事後のふりかえりまでの長い間、スカウトたちのモチベーションを維持すべく、支援してくださった引率リーダーをはじめとする皆さんにも感謝です。
スカウトたちが、今後さまざまなところでこの経験を活かしてくれることを期待しています。
20150307_03.JPG


STVトレイニングセミナー参加のヤングリーダーの報告では、サンガムについてやセミナー期間中の様子についてなどの紹介がありました。どんなことをしてきたのかということだけでなく、参加前にどんな不安を感じていたのか、現地でのエピソードなど、ニューズレターなどでは知ることのできないお話も聞くことができました。

最後に、シニア・レンジャースカウトへの伝えたいこととして、「ちょっとだけ、英語に興味を持って。」「こういう風になりたい。と思う。」「あなたが望めば、チャンスは沢山ある。」の3つを語ってくれました。
スカウトの先輩でありとても素敵なお姉さんからの言葉は、参加していたスカウトたちの心に響いたことでしょう。
20150307_02.JPG


また、マイボイスシートに各自が考えた「自分が大切にする愛」を記入しました。そして、全員で報告のための写真撮影をしました。これは日本連盟へ報告後、STVのFACEBOOKページにも掲載される予定です。

レンジャースカウトやヤングリーダーたちのそれぞれのプログラムでの貴重な経験、また、それをきっかけにしてのさまざまな熱い思い、などなどがたくさん詰め込まれた報告会でした。
posted by Nara Trainers at 00:44| 奈良 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。